2006年03月17日

グラス


glass2.jpg



glass1.jpg


おじいちゃんが のこしていった ぐらす だって。

つめたいものを いれると

春夏秋冬 になるの。
桜晴れ紅葉雪         


ニックネーム いずみん at 08:41| Comment(4) | もかのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
w川・o・川w オォーーー!!
これは、中身の色ではなく
グラスの変化なのですか?
よくみると、木に雪が積もっていたり
するのですねぇ…
Posted by kotekote at 2006年03月17日 18:08
そう、機序はよくわかりませんが、
特殊印刷なのです。おじいちゃんの
専門分野の産物です。
生前は使わせてくれませんでした。
Posted by いずみん at 2006年03月17日 20:20
すごーい!!
小さい頃に黒く塗ってある(特殊加工?)コップにあったかいものを入れたら絵が出てくるみたいなのは見たことありますが、こんなのははじめて見ました。
生前は使わずに取っておくって一筋通ったおじいさんの心意気を感じますね!
すごく大事にされてたんでしょうね。
Posted by アキコロ at 2006年03月18日 13:39
う〜ん、どうなんだろう? 心意気だったんだろうか。
けちだったんだろうか。
とにかく、珍しい物、使途不明の物、
いろいろ出てきて、ちょっとおもしろかったですよ。
このグラスで我が家の面々は、
チューハイやビールを飲んでます。おいしーよ!
Posted by いずみん at 2006年03月18日 14:35